アピタ各務原店にOPENした「草叢BOOKS」第2号店にも行ってきた!

どうも、名古屋市在住の豊作です。

2017年4月14日(金)に岐阜県各務原市の「アピタ各務原店」の1階に「草叢BOOKS」がOPENしました。

2017年2月の「アピタ新守山店」に続き、2店舗目のOPENになります。

さっそく見に行ってきました。

【こちらもあわせてどうぞ】
アピタ新守山店にOPENした話題の書店「草叢BOOKS」に行ってきた!

今回、主に新守山店との比較という視点で記事を書いています。
新守山店の記事を読んでから、お読みいただければと思います。

スポンサーリンク

草叢BOOKS各務原店

行ってきたのはOPENから1週間経った4月20日(木)の午後。

店内はすっかりと落ち着いていました。

お店は1階フロアにあります。

新守山店同様、店内にはスターバックスが併設されています。

「草叢BOOKS」の入口中央に店を構えるスターバックス。

スターバックスを囲むようにコの字型にスターバックス専用の飲食スペースがあり、座席数は非常に充実しています。

「草叢BOOKS」とは

「草叢BOOKS」は、「TSUTAYA」「蔦屋書店」を運営するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)が運営する複合書店です。

草叢=くさむら と読みます。

各務原店は、「草叢BOOKS」の第2号店になります。

取り扱うものは、下記になります。

【販売】新本・古本・文具・雑貨・CD/DVD
【レンタル】CD/DVD・コミック

フロアに入っている店舗

アピタ各務原店の1階部分のおよそ1/4を草叢BOOKSが占めています。

その中に、

「草叢BOOKS」
「スターバックス・コーヒー」

また、

楽器店の「Gakuya」

傘と雑貨の「FUNNYMARKET」

アパレルの「LIME.INC」

が併設されています。

「FUNNYMARKET」のお会計のみ、草叢BOOKSのレジに持っていく形になります。

「草叢BOOKS」以外の店舗も、すべて店内デザインが統一され、照明は暗め、全体的に非常に洗練された雰囲気が漂っています。

スポンサーリンク

店内設備・レイアウト

レイアウトは下記の店内MAPの通りです。

什器の使い方、配管むき出しの天井、ワックスを無造作に上塗りしたような床など、1号店の新守山店と基本的には同じ作りです。

児童書のコーナーの近くには、くつを脱いで上がる人工芝とすべり台があり、子どもが遊べるスペースがあります。こちらも新守山店と同じですね。

小さい子どもがいる親にとっては、本当にありがたいスペースです。

検索機です。タッチパネルで操作が可能です。
広い店内なので、検索機があると助かります。

モニターのPOPがいくつもあります。カッコいい!

各務原店には店内にカゴが設置されています。
(たしか新守山店にはなかったような・・・)

ゆっくり回遊しながらたくさん本を買いたい人にとって、やっぱりカゴは必要です。

商品について

新本と中古本をワンフロアで扱う草叢BOOKS。

初めて来店する人にとって、いちばん分かりにくいのが、

どこが新本コーナーでどこが中古本コーナーなのかということ。

新本と中古本のコーナーを見分ける一番簡単な方法は、「什器」です

新本と中古本のコーナーでは、使われている什器が違います。

倉庫にあるような金属什器に並んでいるのが「古本」と覚えておけばOKです!

上記画像は文庫本の中古コーナーです。

価格が記載された帯は、とてもよいアイデアだと思いました。
価格が分かりやすいし、なにより中古本なのに、草叢BOOKSの店の雰囲気にマッチした統一感を感じさせます。

すでに新守山店で草叢BOOKSの陳列ルールを把握している私は、各務原店でもすぐに売場に慣れましたが、初めての方にとっては、やはり最初はおそらく戸惑うのではないかと思います。

中古本

中古本の価格はおよそ価格の半値程度です。

100円の中古本もあります。

新守山店では、棚の下段にまとめられていた100円中古本ですが、各務原店では、通常の中古本と一緒に陳列されています。

100円の中古本には背表紙に赤いシールが貼ってあり、とても分かりやすいです。

100円の中古本は2割程度でしょうか。
複数冊ある本に貼ってある場合が多かったです。

まとめ

在庫量や陳列など基本的な点は、新守山店とほぼ同じです。
アピタ新守山店にOPENした話題の書店「草叢BOOKS」に行ってきた!
各務原店にしかないような目新しい点は特にはありませんでした。

個人的な印象としては、新守山店よりもコンパクトで分かりやすい売場だと感じました。

アピタという素朴な地元スーパー内で、洗練された空間で異彩を放つ「草叢BOOKS」

お近くの方は是非一度のぞいてみる価値は充分にあると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク