スーパー「ナフコ」が店舗ごとに看板や外観が違う理由【豆知識】

どうも、名古屋市在住の豊作です。

愛知県に「ナフコ」というスーパーマーケットがあるのは、愛知県にお住まいの方ならご存知ですよね。

昔テレビではナフコの印象的なテレビCMが流れ、そのメロディに今懐かしさを覚える方も多いと思います。

あれから数十年、さまざまなスーパーマーケットが台頭してきた結果、ナフコは大幅に店舗数を減らしています。

そんなナフコですが、同じナフコなのに店舗によって看板の感じが違ったり、統一感がないなぁと思ったことはありませんか?

こんなナフコや

あんなナフコ

ちなみにこのナフコは全く関係のない北九州市に本社があるホームセンターの「ナフコ」です。

スーパーの「ナフコ」とホームセンター「ナフコ」は別会社だった
どうも、名古屋市在住の豊作です。 「フレッシュフーズのナフコチェ~ン♪」 のCMでおなじみのスーパーマーケット「...

これにはちゃんとした理由があったのです。

実はナフコは1つの会社ではありませんでした。

いくつかの独立したスーパーマーケットが「ナフコ」という組合を作り、それぞれが同じ「ナフコ」の名前を使って経営する、ボランタリーチェーンという形態をとっていたのです。

私も最近まで全然知りませんでした。

スポンサーリンク

ボランタリーチェーンとは

ボランタリーチェーンとは、流通のビジネスモデルの1つで、「任意連鎖店」や「自発的連鎖店」とも言います。

多数の独立した小売事業者が連携・組織化し、商標使用・仕入れ・物流などを共同化し、これを行う形態のことを指す。 これにより、仕入先との取引が大口化され、仕入れ単価の引き下げが期待できる。 小規模の小売店は大手との価格差をできるだけなくし、独自のサービスで差別化を図る事ができる。

出店:https://ja.wikipedia.org/wiki/ボランタリー・チェーン

フランチャイズとも似ていますが、少し違います。

本部指導によるチェーンオペレーション、加盟している会社の資本の独立、という点では共通してますが、加盟している会社の独立性を保てる点と、ボランタリーチェーンでは組織を結成するという点でフランチャイズとは違います。

ナフコのボランタリーチェーンの歴史

ナフコはいくつもの独立した企業が集まってできた、

「協同組合ナフコチェーン」というボランタリーチェーンです。

  • ナフコカニエ(現FEEL)
  • ナフコはせ川
  • うおときフード
  • ナフコヤオトヨ
  • ナフコニワキン
  • ナフコ不二家
  • トミダ
  • 野田屋

ナフコはもともとこの8社で構成されてきました。

スーパーマーケット「FEEL」の前身はナフコカニエです。

ナフコカニエは2001年に「協同組合ナフコチェーン」を脱退して、「FEEL」に変わります。

2006年には、ナフコはせ川がマックスバリュ中部に買収されて、脱退しています。

その他の脱退
2010年 うおときフード脱退(自己破産)
2013年 ナフコヤオトヨ脱退/ラクエツ(旧ナフコニワキン)脱退(自己破産)

上記の通り、自己破産や買収などにより脱退が進み、

現在残っているのは、ナフコ不二家・トミダ・野田屋の3社だけです。

今存在しているほとんどの店舗は、ナフコ不二家かトミダのどちらかです。

まとめ

ナフコは1つの会社ではなく、ボランタリーチェーンでした。

現在ナフコは、「ナフコ不二家」が運営する店舗と、「ナフコトミダ」の運営する店舗が混在しています。

ですので、

ナフコ不二家

トミダ

というように、同じナフコという名前を掲げていても、経営している会社が全く違うから、店の感じが違ったというわけです。

という、身近なスーパーの豆知識でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク