ピアゴのロゴマークが「進入禁止」に見えてドキッとする

名古屋市在住の豊作です。

東海地方民にはおなじみのスーパー「ピアゴ」。

私の家の近所にもあります。

車を走らせていると、至る所でピアゴを見かけます。

ピアゴの駐車場に入る時、ときどきドキッとすることがあります。

理由はこれです。

ピアゴのロゴマーク、進入禁止に見えませんか?

駐車場の入口に、このピアゴのロゴマークだけ目立つような看板が時々あります。

その場合、遠目から見ると一瞬「進入禁止」のマークに見えるのです。

「え?ここ入れない?」ってなる。

太陽の赤い丸と、その中の白抜きの「PIAGO」の文字の位置が、「進入禁止」のマークにそっくりなのです。

特に、下の「ピアゴ」のカタカナの文字がなかったら、本当に紛らわしいんです。

きっと共感してくれる方がいらっしゃると信じて、この記事を書いていますが、いかがですか??そう思ったことないですか??(;^_^A

この紛らわしいロゴにはどんな意味が込められているのか。

ピアゴのロゴマークの由来を調べてみました。

■名称について

イタリア語の〔PIACEVOLE(ピアチェボーレ)/楽しい〕と、〔LUOGO(ルオゴ)/場所〕の合成語です。「毎日楽しくお買物ができる、身近で心地の良い店」という意味です。

■マークについて

全体のデザインは、ユニーの象徴「太陽」をイメージし、居心地の良い空間、上質を連想するカラーを使用しました。中心の円が「お客さまとの絆」、周りの4つの光はその絆を構成する「店舗」「売場」「商品」「従業員」を表わしています。

引用元:http://www.uny.co.jp/corporate/about/origin.html

あのシンプルなロゴマークに、結構深い意味が隠されていたんですね。

前々から気になっていたので、ついつい記事にしてしまいました。

い、以上です(汗

ドラゴンズファンならアピタ・ピアゴの「UCSドラゴンズカード」を持つべき4つの理由
ざぱぁ(水の中から現れる音) あなたがお持ちのカードは、普通のUCSカードですか? それとも、ドラゴンズのUCSカードで...

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク