うまい「台湾まぜそば」が日清の冷凍食品でおうちで気軽に楽しめる

どうも、名古屋市在住の豊作です。

台湾まぜそばがブームになってからかなりの月日が経ち、

今やすっかり台湾ませそばは「なごやめし」の定番になりました。

東海地方に行かないと、美味しい台湾まぜそばは食べられない?

いやいや、日清食品の冷凍食品のおかげで

日本全国どこにいながらでも

うまい台湾まぜそばがでおうちで気軽に楽しめるんです。

日清の冷凍食品「台湾まぜそば」は味の再現度高し!

愛知県に住んでいれば、台湾まぜそばを食べられる店舗が沢山あります。

気軽に当たり前に台湾まぜそばを食べられる環境にいます。

しかし、

それ以外の人は、なかなか台湾まぜそばを食べる機会はないと思います。

名古屋に旅行や出張で来た時などに「なごやめし」として食べるくらいではないでしょうか?

しかし、

日清の冷凍食品「台湾まぜそば」によって全国どこにいながらでも

気軽に台湾まぜそばを食べることができるようになりました。

それもかなり安価に。

当然ですが店で食べる台湾まぜそばには到底及びません。

店頭で食べると通常800円程度する台湾まぜそばが

日清の冷凍食品なら200円以下で買えるのですから。

しかし

「台湾まぜそば」の味のエッセンスは十分に再現されています。

台湾まぜそばの味の肝となるのが

ニンニクと唐辛子でピリ辛に味付けされた台湾ミンチ。

店頭の台湾まぜそばは、この台湾ミンチとニラとネギがたっぷり乗っています。

その点、冷凍の台湾まぜそばは具が圧倒的に少ない。

画像で比べてもその差は歴然です。

それでも、少ないながら台湾ミンチの濃い味と、

付属している魚粉をかけることでによって

台湾まぜそば感をかなり感じさせる味に仕上がっています。

とりあえず卵黄は必須。

最悪、これだけでも美味しさは各段に上がります。

ネギやニラを用意して刻んだものをたっぷり乗せるなど

ひと手間かけるだけで本物の味にかなり近づきます。

実際にお店で台湾まぜそばを食べたことがある人でも

納得できるものになっているはずです。

200円以下で買えるのに全然美味しい。

もちろん、

麺を食べ終わった後の「追い飯」もOKです。

このために冷ご飯を1杯分残しておくと幸せになれます。

外袋から出したら、袋のままお皿の上にのせて電子レンジでチンするだけなので、

調理が非常にカンタンなのもポイント高いです。

本当に日本の冷凍食品のレベルの高さってすごいなぁと思います。

例えば、

マルハニチロの「横浜あんかけラーメン」の美味しさもかなりやばいですよね。

おなかが弱い人でも安心

私は台湾まぜそばの発症の地である名古屋市に住みながら、

これまでずっと台湾まぜそばを敬遠してきました。

「麵屋はなび」が自宅近くにありながら、

店舗に行って食べることをかたくなに拒んできました。

それはなぜか?

台湾まぜそばが辛いから

いつの頃からか、私は辛いものが全くダメになりました。

辛いものを食べるのは好きなのですが、

そのあと必ずと言っていいほどおなかを下すのです。

深刻な問題です。

過去の恥ずかしい話を暴露しますが、

台湾ラーメンの名店「味仙」で台湾ラーメンを食べた後、辛さでおなかが痛くなり、

須の路上でおならをするつもりが、違うものが出てしまい、

電車に乗って家に帰れず、家の人に車で迎えてきてもらった苦い経験があります

それ以来、私の中で

外出先での辛いものは絶対にNG

になりました。

これを読んでいる方にはどうでもいい話だと思いますが、

おそらく私の現在のおなかを壊すボーダーラインは、

ココイチのカレーだと3辛くらいだと思われます。

ラーメンを食べておなかを壊す場合も多いです。

ラーメン店の場合、豚骨の濃さが関係していると思われます。

カップラーメンはほぼ100%の確率でおなかを下します。

これはおそらく「かんすい」が原因でしょう。

以前、

「無鉄砲」の豚骨ドロドロラーメン

「蒙古タンメン中本」の超辛いタンメン

にチェレンジしたことがありますが、共に撃沈。

食後しばらくトイレにこもりました。

ラーメン次郎も興味はありますが、

間違いなくやられるので食べに行く勇気すらありません。

で、台湾まぜそばです。

台湾まぜそばは辛い

第一にその理由から食べることを避けてきました。

そして、見た目のジャンキーさ。

これは食べたら絶対におなか壊す系のラーメンだという直感がありました。

そんな理由から、台湾まぜそばや油そばなどはずっと避けてきました。

しかしある時、どうしても食べてみたい衝動にかられた結果、

ついに勇気を出して食べてみる決意をしたのです。

「麵屋はなび」さんに台湾まぜそば童貞を捧げました。

結果・・・

おなかは下りませんでした (∩´∀`)∩ わーい

おなかが下らないどころか、

すっかり台湾まぜそばのおいしさに魅了されてしまったのです。

というように、

おなかに不安を抱える人にとって

店頭で食べることは若干ハードルの高い行為ですが、

おうちで冷凍食品を食べるのならその不安はありません。

そして

この日清の台湾まぜそば自体そんなに辛くないです。

まとめ

お店の台湾まぜそばに比べれば、

当然ですが台湾ミンチの量は少なく、その他具材はほとんどありません。

しかし

・魚粉の風味
・ピリ辛台湾ミンチ感
・麺の食感・歯ごたえ

これによってかなり台湾まぜそば感が再現されていますし、

味はかなりいい線いっています。

私も一度この冷凍食品を食べてからというもの、

すっかりハマり、しばらく冷凍庫に常備されていました、

まだ未経験な人はぜひお試しください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク