遠くから犬山の木曽川うかいを観に行くなら名鉄のうかいプランがお得

どうも、名古屋市在住の豊作です。

岐阜県には2か所鵜飼いが見れる場所があります。

岐阜市の長良川のうかいと、犬山市の木曽川のうかいです。

この記事では、犬山の木曽川うかいをお得に見る方法についてお伝えします。

電車を使って遠方から犬山の木曽川うかいを観に行く人は必見です。

スポンサーリンク

名鉄の木曽川うかいプランがお得

木曽川うかいには3つのコースがあります。

(右は通常申し込んだ場合の料金です)

夜うかい(食事なし):大人3000円(小人1500円)

夜うかい(食事あり):大人3000円+お弁当代(小人1500円+お弁当代)

昼うかい(食事あり):大人5000円(小人3600円)

*お弁当は6店舗から選べます(2200円~7000円)

一方、

名鉄の木曽川うかいプランの料金は

夜うかい(食事なし):大人3900円(小人2100円)

夜うかい(食事あり):大人5900円(小人3900円)

昼うかい(食事あり):大人5900円(小人3900円)

名鉄の木曽川うかいプランは、

通常のコースに下記がセットになっています。

・名鉄電車全線1日乗り放題「1DAYフリーきっぷ」

・犬山城入場割引券などのクーポン

・(夜うかいのみ)ドリンク

名鉄電車全線1日乗り放題「1DAYフリーきっぷ」は普通に購入する場合

大人3200円(小人1600円)します。

比較してみると…

通常(大人) プラン(大人) 通常(小人) プラン(小人)
夜うかい 3000 3900(900↑ 1500 2100(600↑
夜うかい
(食事あり)
3000+2400 5900(500↑ 1500+1200 3900(1200↑
昼うかい
(食事あり)
5000 5900(900↑ 3600 3900(300↑

*通常の夜うかい(食事あり)はプランと同じお弁当を選んだ場合

つまり、

大人であれば片道450円以上かけて電車で木曽川うかいを観に行くのであれば、

名鉄の木曽川うかいプランを利用したほうがお得になる!

というわけです。

当日は始発から名鉄電車が乗り放題になるので、

木曽川うかいプランのプラス分の金額で名鉄電車を乗り倒すことができます。

いろんな場所に観光に行きつつ木曽川うかいを楽しむ計画を立てると

よりお得にこのプランを活用できるというわけです。

小人と一緒に行く場合は、ちょっと注意が必要です。

昼うかいは小人はプランを使うとよりお得なのですが、

夜うかい(食事あり)を選ぶと割高になります。

この辺りも考慮した上で、うかいプランを利用するか決めるとよいと思います。

まとめ

木曽川うかいに電車で行くなら、このプランを使わない手はないでしょう。

朝から豊橋や蒲郡、知多半島あたりで観光して、夕方移動して夜犬山でうかいを見ると

名鉄電車全線1日乗り放題「1DAYフリーきっぷ」を最大限活用できます。

2020年のシーズンに是非活用してみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク