名古屋名物「きしめん」を安く食べたい時におすすめのチェーン店はここ

どうも、名古屋市在住の豊作です。

名古屋には「なごやめし」と呼ばれる名古屋名物がたくさんあります。

エビフライ、ひつまぶし、あんかけパスタ、みそカツ、手羽先、味噌煮込みうどん、天むす、小倉トースト、みそおでん、鉄板ナポリタン、台湾ラーメン、台湾まぜそば、どて煮、ういろう・・・などなど

今回のテーマである「きしめん」も「なごやめし」のひとつです。

しかし、

私は生まれてほとんどの時間を東海地方で過ごし、

また名古屋に住んで10年近く経ちますが、

きしめんを気軽に食べられる店って、実はそんなにたくさん名古屋にありません。

名古屋観光の際のきしめんの定番スポットといえば、

JR名古屋駅のホームにある「住よし」が有名です。

しかし、実際わざわざ名古屋駅のホームに行ってまで食べるのは大変です。

対して、いつでも気軽に食べられるのが「うどん」。

丸亀製麺やはなまるうどんに代表されるようなうどんチェーンは、

ショッピングセンターのフードコートには必ず入っていて、

車をちょっと走らせればお店を見かけるくらい

うどんは本当に気軽に安く食べられるようになりました。

東海地方で、丸亀製麺やはなまるうどんのように、

気軽にそして安く「きしめん」を食べられるお店はあるのでしょうか。

名古屋のきしめん店事情

名古屋名物にもかかわらず、いまいち食べられるところが少ないきしめん。

地元民にとってもあまり身近ではないというイメージがあります。

私はきしめんが好きなので、

もっときしめんが食べられるお店が多いとうれしいなぁと常々思っていました。

まず、「きしめん」という看板を掲げる昔ながらのきしめんの店。

時々見かけますが、その数は非常に少ないです。

また昔ながらの古い佇まいのうどんのお店でも、

きしめんが食べられるところは多いですが、

こちらに関してもお店の数は少ないです。

また、有名なきしめんメーカーも飲食の店舗をたくさん運営しているわけではありません。

「宮きしめん」で10店舗程度、

きしめん亭」に至っては名古屋駅の地下街エスカに1店舗を持つだけです。

東海地方にはサガミ歌行燈(やじろべえ)といった和食処があります。

特にサガミはどこの町にも1店舗はあるくらい、かなり店舗数があるチェーン店舗です。

ここではうどんやそばをきしめんに変更することが出来ます

しかし、全体的にお値段がちょっとお高めなので、

気軽に安く食べるというのとは少し違います。

全国的な知名度の高さなら、

前述したJR名古屋駅のホームにある「住よし」があります。

ここは、ネットの口コミでうまいきしめん店としてすっかり定着しています。

県外から名古屋を訪れた人がほぼ間違いなく利用する

JR名古屋駅のすべてのホームに店舗があるため、

観光などで名古屋に来た人にとっては利便性の高いきしめん店

と言えます。

しかし、

名古屋駅を利用しない人にとっては、

わざわざ名古屋駅まで行き、

きしめんを食べるためだけに切符を購入してホームに入る必要があるので、

全然気軽ではありません。

気軽に安くきしめんが食べられるお店

このようになかなか気軽にきしめんを食べられるお店はありません。

かといって全くないわけではありません。

いくつか安く食べられる店舗があります。

そのなかから私がおすすめしたい、気軽にきしめんを食べられるお店を2つご紹介します。

どんどん庵

1つめが「どんどん庵」です。

丸亀製麺・はなまるうどんといった強力なライバル店が、

東海地方に続々と進出してきた結果、

すっかり影が薄くなってしまった、あの「どんどん庵」です。

ここ数年で閉店した店舗もかなりあったのではないかと思います。

ちょっと前に家の近所のどんどん庵も閉店しました。

どんどん庵の現在の店舗数は、

名古屋を中心に東海三県に34店舗(2021年2月現在)です。

どんどん庵では「きしめん」が(並)282円で食べられます。

(大)382円(小)219円 *すべて税抜き

(温)と(冷)を選ぶこともできます。

味は普通においしいです。

どんどん庵はサガミと同じサガミチェーンが運営しているので、まずい訳はないですよね。

名古屋が中心になりますが店舗数が35店舗あるので、

サクッときしめんが食べたいと思った時に、

一番近くにある可能性が高いのがどんどん庵ということになります。

名代きしめん げんき庵

そしてもうひとつは「名代きしめん げんき庵」です。

栄に本店があり、そのほか名古屋店、カーマ21名古屋城北店、げんきの郷(大府市)のなか、伏見店(姉妹店)の5店舗があります。

店舗数が少ないので気軽に行けるというわけではありませんが、

価格が安く非常にコスパが高いのでおすすめです。

げんき庵では、きしめんが310円で食べられます。

(+130円で麺2倍、+200円で麺3倍のでら盛りに変更できます)

特筆すべきはノーマルのきしめんでも、

小さめのきつね、わかめ、たっぷりのかつおぶしがトッピングでついてくる点です。

どんどん庵なんてかつおぶしすら別売りですからね。

まとめ

東海地方にたくさん店舗があって安く食べられるお店。

うどんなら「丸亀製麺」や「はなまるうどん」があります。

ラーメンなら名古屋のソウルフード「スガキヤ」があります。

きしめんにも「きしめんなら〇〇!」

と断言できるようなお店があったらいいなぁ。

と思います。

現状だと、いちばん身近にあって安くきしめんが食べられるお店は「どんどん庵」でしょう。

理想は「げんき庵」の店舗数が増えてくれることですけどね。

個人的には。

【追伸】

うどんとそばとラーメンの麺を一杯に全乗せ可能な異端児「長命うどん」

ここでもきしめんが食べられることを忘れていました。

このヘンテコなうどん店「長命うどん」については、また別で記事にしたいと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク