岐阜県関市「モネの池」はドローンで撮影可能?禁止事項まとめ

モネの絵画ような美しさで有名な

岐阜県関市板取にある名もなき池

通称「モネの池」

訪れた方の大半は池を撮影すると思いますが、

ドローンでの撮影はできるのでしょうか?

また、モネの池の見学にあたっての

禁止事項についてまとめてみました。

モネの池はドローン撮影はNG

モネの池のドローン撮影は禁止されています。

国土交通省の定める下記のルールに反しているため飛行禁止区域になります。

・人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に
30m以上の距離を保って飛行させること
・祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと

発見次第、警察に届けるということです。

200g未満のいわゆるトイドローンは、

航空法の規制外ですが、

199g以下のドローンについても、

白谷地区自治会が禁止しています。

トイドローンによる撮影もNGですので

ご注意ください。

モネの池を泳ぐ鯉のエサやり禁止

モネの池には鯉が泳いでいます。

つい餌をあげたくなる人もいると思いますが、

モネの池での餌やりはNGです。

鯉の餌やりは自治会が管理していて

池の前には「池に油が浮くので餌をあげないように」

という看板があります。

モネの池の水中撮影禁止

池の中に水中カメラを入れて、

水中の様子を撮影することも禁止です。

水中カメラで撮影した動画も

YOUTUBE上に上がっていますが

NGですのでしないようにしましょう。

まとめ

ここに書いてあること以外でも

もちろん迷惑行為は禁止です。

モネの池は根道神社が管理する池で

見学に料金がかかるわけでもありません。

ルールとマナーを守って楽しみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク