一宮・江南のランニング・ジョギングに最適!木曽川サイクリングロード

どうも、名古屋市在住の豊作です。

愛知県にはいくつかランニング・ジョギングに適したコースがあります。

名古屋なら名古屋城の外周が特に有名ですよね。

愛知の北部にもランニング・ジョギングに非常に良い場所があるんです。

それが木曽川沿川にあるサイクリングロードです。

今回はそこをご紹介します。

スポンサーリンク

木曽川沿川サイクリングロードとは

木曽川沿川のサイクリングロードとは、

一宮市の国営木曽三川公園138タワーパーク

から

犬山市の木曽川犬山緑地

を結ぶ約18キロのサイクリングコースです。

この間には、

江南市の江南緑地公園・すいとぴあ江南・フラワーパーク江南・蘇南公園

扶桑町の木曽川扶桑緑地

があります。

下記は138タワーパーク~フラワーパーク江南までのMAP(以下のサイトより)
http://www.cbr.mlit.go.jp/kisojyo/cyclingmap/map.html

以下、江南市のホームページからの抜粋です。

市内の遊歩道・サイクリングロードは木曽川沿いに位置し、全長は6.5km(フラワーパーク園路分を含む)に渡り、路面は木曽川を下流に向かって左側2mの幅が遊歩道、右側3mの幅がサイ クリングロードとなっており、江南緑地公園、すいとぴあ江南、フラワーパーク江南、蘇南公園などの江南市のレクリエーションの拠点を結んでいます。この遊歩道・サイクリングロードが広域的に東側は扶桑町へ、西側は一宮市へそれぞれ接続され、隣接する市町へ広域的に広がっています。

平成28年2月には、国営木曽三川公園138タワーパーク(愛知県一宮市)北側のサイクリングロードが完成し、これにより、犬山市~一宮市までの約18kmを木曽川に沿ってサイクリングが楽しめるようになりました。
雄大な木曽川河川敷の景観を眺め、四季を感じながらのウォーキングやサイクリングを是非お楽しみください。

名前はサイクリングロードですが遊歩道の幅も2mあり、

ランニングやジョギングにも最適なコースになっています。

木曽川沿川がランニング・ジョギングに適している理由

このサイクリングロードがランニングやジョギングに適しているいくつもの理由があります。

信号がない

川沿いの遊歩道を走るので、

信号待ちで何度も立ち止まらなければいけない

というストレスがありません。

要所要所に休憩箇所がある

・一宮市の国営木曽三川公園138タワーパーク

・犬山市の木曽川犬山緑地

・江南市の江南緑地公園・すいとぴあ江南・フラワーパーク江南・蘇南公園

・扶桑町の木曽川扶桑緑地

どこもトイレ・自動販売機があります。

休憩箇所として利用が可能です。

景色がきれい

木曽川河川敷の自然豊かな景色を眺めながら走ることができます。

季節によって桜や紅葉など、四季の美しさを感じられるコースです。

無料駐車場がある

・一宮市の国営木曽三川公園138タワーパーク

・犬山市の木曽川犬山緑地

・江南市の江南緑地公園・すいとぴあ江南・フラワーパーク江南・蘇南公園

・扶桑町の木曽川扶桑緑地

それぞれに無料駐車場がありますので、車で行くことが可能です。

ですのでどこからスタートする事もできます。

すいとぴあ江南にお風呂がある

すいとぴあ江南にはお風呂の施設があります。

すいとぴあ江南をスタート・ゴール地点にすれば、

すいとぴあ江南で日帰り入浴ができますので、

走った後お風呂で汗を流してから帰ることもできます。

レストランもありますので必要なら食事も可能です。

もちろん駐車場も無料です。

すいとぴあ江南 日帰り入浴

【時間】11:00~21:30
【料金】大人420円・子供(小中学生)170円

スポンサーリンク

注意すべきポイント

ロードバイクとの接触に注意

サイクリングコースなのでスピードに乗ったロードバイクがたくさん走っています。

遊歩道とサイクリングロードが道路で線引きされて分かれていますので、

かならず遊歩道側を走るようにしましょう。

自身の安全のためにもルールを守って走りましょう。

しっかり暑さ対策を

日光を遮るものがほとんどありません。

そのため直射日光にずっとさらされることになります。

また、サイクリングロードの随所に自動販売機のある公園はありますが、

公園間がかなり離れています。

必ず飲み物などを携帯し、暑さ対策をしてください。

暑い日の日中に走る場所としては向きません。

まとめ

私も時々走りに行きますが、土日は特に非常ににぎわっています。

愛知県北部で走る場所を探しているなら、とてもおススメできる場所です。

是非いちど足を運んでみてはいかがですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク