【ガス自由化】中部電力と東邦ガス どっちにまとめるのがお得?

どうも、名古屋市在住の豊作です。

2016年4月の「電力自由化」に続き、
2017年4月からはいよいよ「ガスの小売自由化」が始まります。

それに伴い東海地方では、大手「中部電力」がガスの取扱いを開始しました

うちは昨年の電気自由化の時、特にどこかに変更することなく、そのまま中部電力で契約し続けてきました。

しかし、今回ガスの自由化に伴い「中部電力」がガス事業を始めると聞いて、少しでも料金節約のために、契約を見直すことを決めました。

同じ会社で電気とガスをセットで契約するほうが当然安くなります。

でも、中部電力と東邦ガス、一体どっちでまとめる方がお得なのでしょうか?

さっそく調べてみることにしました。

スポンサーリンク

どっちが安い?中部電力と東邦ガス

4月からの「ガスの自由化」で、

中部電力が、ガスと電気のセット割「カテエネ ガスセット」を開始しました

それに先立ち、東邦ガスも2016年の電気自由化の際に電気の取扱いをはじめ、

東邦ガスもセットで契約することでお得な料金になるプランをすでに始めています。

どちらでまとめる方がお得なのか?

結論から申し上げると、わが家に関しては

「中部電力でまとめたほうが安くなる」という結果になりました!

では、中部電力でまとめたほうがどれくらいお得になるのか、見ていきましょう。

わが家の電気ガスの使用状況(家族構成と生活スタイル)

まず、わが家の電気ガスの使用状況を簡単にお伝えします。
電気は中部電力、ガスは東邦ガスと契約していました。

家族は4人(妻と子供2人)。マンション暮らしです。
日中は仕事と学校・幼稚園で家を空けていることが多く、主に朝と夕方から夜にかけて、電気とガスを使用しています。特記事項として、うちは冬はガスファンヒーターを使用しているので、冬はガス料金が跳ね上がります。

そのため東邦ガスでは、冬場にたくさん使うと通常よりも料金が安くなる「あったかトクトク料金(2種)」の料金プランで契約しています。

中部電力、東邦ガスのホームページで料金シミュレーションをしてみた

中部電力、東邦ガスそれぞれのホームページを見ると、どちらのホームページにも料金シミュレーションがありました。シミュレーションしてみた結果が下記になります。

東邦ガスの電気料金シミュレーション

東邦ガスの電気料金シミュレーションはこちら

中部電力の電気料金の検針票を見ながら、選択していくだけです。

電気使用量の入力は、検針票を確認するか、もしくは中部電力のカテエネに登録している方なら、検針票を残していなくても、ネット上で1年分の電気料金の照会が可能ですので、正確な使用電力が入力可能です。

入力すると、年間3728円お得になるという結果になりました。

東邦ガスでまとめると、電気代が年間3728円安くなる計算です。

次に中部電力のホームページでガスの料金を見てみましょう。

中部電力のガス料金シミュレーション

中部電力のガス料金シミュレーションはこちら

ガスの検針票から、ガスの使用量を入力します。

最初に入力するのは1ヶ月分の使用量で、年間使用量はその想定値です。
各月の修正が可能なので、正確な数字を出すことも可能です。

結果は、中部電力だとガス代料金が年間6408円安くなるという計算になりました。

さらに、電気の契約プランを変更する事で、さらに2%の割引が受けられるということで、契約プランを変えると年間8106円お得になる結果になりました。

中部電力が打ち出したガスの契約プランは、東邦ガスの各種料金プランに対応しているため、うちが契約していた「あったかトクトク料金(2種)」を継承するプランがしっかり用意されており、そのプランへの乗り換えという形になっています。

料金シミュレーションの結果

東邦ガスでまとめると、年間3728円お得!

中部電力でまとめると、年間8106円お得!

多少の誤差はあるにしろ、うちの契約プランにおいては、

中部電力でまとめたほうが、約4400円安くなるという結果が出ました。

おそらく、ほとんどのプランで中部電力の方が安くなります。

是非一度料金シミュレーションで確認してみてください。

というわけで、うちは中部電力にまとめることにしました。

でもその前に、本当にガスを中部電力に変更してしまって大丈夫なのか、不安要素を取り除くためにQ&Aなどホームページを隅まで確認してみました。

ガスの契約期間が2年間ということで、まさか携帯電話やプロバイダのように契約満了時以外で解約すると違約金が発生する2年縛りルールがあるのでは!?

と警戒してみましたが、家庭用に対しては違約金は発生しないということでほっとひと安心。

申し込みはネットでも電話でもでき、申し込みをすれば東邦ガスへの解約手続きを中部電力が代行してくれるということ。

いかんせんこういう手続きって面倒なのですが、手続きが簡単なのかなりポイント高いですね。

特に不安要素も見つからず、また4月30日までに申し込めば、もれなくカテエネポイントが1000ポイントもらえて、さらに300名に「1万円分の商品券または2万円分のクリーニング券」が当たる抽選にも参加できるということなので、早速申し込むことにしました。

ちなみに、このキャンペーンはわざわざ申し込まなくても、ガスの申し込みをすると自動的に応募になりますので楽ちんです。

現在もキャンペーンは実施されています。

カテエネガス新規加入でもれなくカテエネポイント1000円分がもらえます。さらに抽選で5万円相当の「選べる宿」ギフトペア宿泊券などが当たるキャンペーンです。

このキャンペーンは12月21日までです。

カテエネポイント1000ポイントがもらえるキャンペーンはいつまで続くか分かりませんので、せっかくならキャンペーンがあるうちにカテエネガスに乗り換えるほうがお得です。

スポンサーリンク

中部電力のガス申込手順

私は以前にカテエネ会員にだけは登録していたため、右の「カテエネ会員の方」から申し込みに進みました。

カテエネ会員ではない方が「カテエネ ガスセット」を利用するには、まずカテエネの会員登録が必要になります。

カテエネの登録はこちらからできます→ クラブ カテエネ

右のアイコンから入ると、カテエネのページに飛びますので、左の「ログインする」からログインします。

ログインしたら、「料金メニュー紹介」「各種手続き」もしくはキャンペーンの大きな画面をクリックして、申し込みページに進みます。

2%安くなる料金プランにまだ入っていない場合は、

左の「電気のご契約プランが従量電灯B・Cのお客さま」を選択して、割引対象のプランへの加入とガスの申し込みを同時に登録していきます。

契約内容を確認して青の「申込」ボタンをクリックします。

上記留意事項にあるように「東邦ガスからの変更以外の方のガス契約は申込対象外」ですのでご注意ください。

ガスの契約申込の情報を入力していきます。

確認事項にチェックを入れていきます。

東邦ガスの情報を、東邦ガスの検針票を見ながら入力します。

(左側)東邦ガスで契約していたプランに対応するのが、(右側)中部電力のプランになります。「詳細はこちら」を参考に、契約種別を選択します。

うちの場合は、東邦ガスで「あったかトクトク料金」に契約していたため、「カテエネガスプラン2」を選択しています。

続けて電気のプランの変更の手続きをしていきます。

うちの場合は契約電流が40Aで「おとくプラン」への変更になりますので、契約種別を「おとくプラン」を選択しました。

暮らしのサポートセットの申し込みは任意ですので、必要であればつけてください。うちは申し込みませんでした。(まあいらないですよね)

続けて必要事項の選択と入力をしていきます。

最後に申込情報の確認をして、登録すれば完了です。
登録したメールアドレス宛に、受付番号が記載された完了メールが届きます。

あとは中部電力からの連絡を待つだけです。

まとめ

今、まだ電気は中部電力、ガスは東邦ガスと別々で利用している東海地方の方は、この機会に中部電力にガスと電気セットで契約することをおすすめします。

もちろん毎月の料金の節約になりますし、ガスと電気の請求がまとまれば管理もしやすくなりますよね。

中部電力に申し込むだけでOKで、東邦ガスへの解約の手間もありません。
手続きがすごく簡単なので、さっとやってしまえるのもうれしいです。

ただし、契約によっては必ずしも中部電力でまとめたほうが安くなるとは限りませんので、必ず確認の上変更してくださいね。

*中部電力の「カテエネ ガスセット」の利用には、カテエネの会員登録が必要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク