チケット発券が煩わしいぷらっとこだまの手配はJTB窓口がおすすめ

どうも、名古屋市在住の豊作です。

名古屋から東京に行くのに「ぷらっとこだま」を利用してみました。

ぷらっとこだまとは…

新幹線「こだま」号限定のツアー。

「のぞみ」「ひかり」は利用できないため時間はかかるが

通常よりも少しお得に新幹線を利用できるサービス

あくまでツアーであってJRの切符ではないので、

乗車時間や日程を全く変更できないなど制約がかなり多いです。

そのためリスクも大きいですが、

少しでも安く新幹線を利用したい人にはありがたいサービスです。

このぷらっとこだま、乗車における制約も多ければチケット取得時もかなり面倒です。

できるだけ煩わしくない方法でチケットを購入する方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

ぷらっとこだまはチケット購入が面倒すぎる

ぷらっとこだまのチケット購入方法は4つあります。

①「e-ぷらっとネット」でネット予約

②電話予約

③JR東海ツアーズで直接購入

④JTBの店舗で直接購入

私は④のJTB店舗での直接購入をおすすめしています。

その理由は①~③の購入方法が非常に煩わしいからです。

そもそもネット予約・電話予約はすべてが分かりにくい

ネット予約・電話予約の場合、

受け取り方法や支払い方法、締め切り受付などそれぞれで違います。

まずその把握をするだけで混乱します。

電話予約の場合、郵送は6日前まで、店舗受け取りは2日前まで、

支払いはクレジットカードのみ。

ネット予約の場合は支払い方法や締め切り日がまた異なります。

ネット予約は会員登録が面倒すぎる!!

ネット購入をおすすめしない第一の理由が、

今後利用するかどうかも分からない「ぷらっとこだま」のためだけに、

会員登録でたくさんの個人情報を入力しなければならない点。

チケット1枚買うだけで住所からなにから入力する必要があるのがまず煩わしいです。

チケット受け取りのJR東海ツアーズ支店の店舗が圧倒的に少ない

とにかくJR東海ツアーズ支店の数が少ない。

直接事前にJR東海ツアーズ支店にチケットを買いに行くにしても、

買いに行ける場所が近くにない!ということも当たり前。

ネットや電話予約の場合も、郵送の締め切りを過ぎてしまったらJR東海ツアーズ支店に取りに行くという選択肢しか残されていませんが、支店が遠い場合非常に面倒です。

ネット予約・電話予約の郵送はだいぶ前に予約が必要!

例えば電話予約の場合。

郵送にすると6日前までに乗車時間までの確定をしなければなりません。

ぷらっとこだまの不便なところは、

チケット購入時に乗車時間を確定してしまわなければならないところ。

その乗車時間以外への変更は一切認められず、時間の変更が全くできません。

万が一乗り遅れてしまったら、そのチケットはただの紙くずになってしまいます。

そんなシビアなルールがあるチケットを、郵送にした場合6日前までに時間を確定させなければならないため、ものすごい不便さがあります。

スポンサーリンク

ぷらっとこだまはJTB店舗窓口での直接購入が一番楽

このように、「ぷらっとこだま」をJR関連の窓口で購入するのは非常に面倒なのです。

で、消去法で残ったのがJTB店舗での直接購入なのですが・・・

これがもっとも気軽にチケットを買える方法なのです。

JTB店舗は店舗が比較的多く、家の近くにある可能性が高い

JR東海ツアーズ支店に比べて、JTBの店舗の数はまだ多いです。

大きなショッピングセンターの入っていることも多いので、近くにJTB店舗があれば直接買いに行くのが最も手軽です。

近くにJTBの店舗がない人は、郵送で手配していただくより仕方ありません。

JTB店舗なら「ぷらっとこだま」を前日まで購入できる

JTB店舗だと前日までチケットを購入できます。

前日なら翌日の予定はほぼ固まっていると思います。

郵送などで6日前にチケットを取ったものの、直前になって急な予定変更があって困った!

ということがありません。

ぷらっとこだまの怖いのは、一切の時間が変更ができないところなので、前日まで購入できるのはとても大切です。

ただし、前日だと売り切れてしまっている場合も多いのがネックです。

ちなみに僕は出発の前々日にJTB店舗で購入しましたが、普通席は夕方まですべて売切れだったため、しかたなくグリーン車で購入しました。

JTB店舗ならその場で支払いができて手軽

JTB店舗ならその場で支払いが成立するので気軽です。

もちろん現金での支払いもできます。

JTB店舗ならネットや電話でクレジットカード番号を入力したり、コンビニまで行って支払いをしたりする必要がありません。

購入・支払い・チケット受け取りまですべて1度に済ませることができるのでとにかく便利です。

JTB店舗なら受付のお姉さんがすべて案内してくれる

ネットだといちいち空いているのを確認したりPC上で操作が必要です。

その点JTB店舗なら窓口のおねいさんがすべて調べてくれて、希望を言うだけで希望に近いチケットを用意してくれます。

すごく楽です。

まとめ

一度でも「ぷらっとこだま」を購入しようとした人なら、

JR窓口で購入する煩わしさが分かってもらえると思います。

いくらサービスでワンドリンク無料チケットがつくからといって、

いくらチケット代がちょっと安くなるからといって、

こんなにチケット取得に手間がかかって乗車時間が厳守されるなら、

普通に新幹線のチケットを当日に購入して乗った方がいいや…!

と思ってしまう人もいるのではないかと思います。

ひんぱんに「ぷらっとこだま」を利用する人なら、

「e-ぷらっとネット」に会員登録して毎回利用するといいでしょう。

しかし、大半の人はとりあえず1回「ぷらっとこだま」が利用できればいい人です。

だったらもう少し気軽に購入できるしくみあってもいいのではないかと思います。

というなかで、

JTB店舗での直接が一番煩わしさが少ないのでご紹介してみました。

「ぷらっとこだま」の利用を検討されている方の参考になればさいわいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク