僕がドラッグストア「B&D」をおすすめする7つの理由

B&Dというドラッグストアをご存知でしょうか。
愛知県春日井市に本社があり、名古屋市、春日井市を中心に65の店舗があります。

愛知県にしかないので、愛知県民以外はほぼ知らないと思いますが、愛知県民にはおなじみのドラッグストアです。

私はB&Dが大好きで、しょっちゅうB&Dに行きます。
家の近くにあるので、なにかあるたびに行って買い物してしまいます。
基本的に薬は買わないので、食品や日用品がメインになります。

そんな「B&D」フリークの僕がB&Dをおすすめする7つの理由がこちらです。

スポンサーリンク

B&Dをおすすめする7つの理由

①商品が安い

ドラッグストアのイメージは商品が安いというイメージがあります。
でも最近のドラッグストアって、そんなに安いところって多くないんですよ。

でも「B&D」は安いんです。私の行く「B&D」の近くには「Vドラッグ」と「スギ薬局」があって競合しているのですが、「B&D」が圧倒的に安い。

ジュースやお菓子などの食品が特に安いです。

②商品の種類が多い

お菓子、ジュース、お酒、調味料、インスタント食品、アイスなどなど、食品の種類が多いです。スーパー並みに品揃えが豊富です。

③POPをガンガン使って訴求してて楽しい

私はB&Dのことを

ドラッグストア界の「ヴィレッジヴァンガード」

あるいは

ドラッグストア界の「タワーレコード」

と勝手に思っています。

理由は、POP訴求がすごいからです。
他のドラッグストアにはない「B&D」の特徴として、ヴィレヴァンやタワレコのように、黄色の用紙に描かれたPOPが、売場の至る所にところ狭しと貼られています。

全店共通と思われる印字のPOPもありますが、店舗で描かれたと思しき手描きのPOPもガンガン貼られています。

パッと見、まるでヴィレヴァンじゃないですか??

やっぱり賑やかにPOPで商品の訴求がされていると、店内の商品を見るのが楽しくなります。
「B&D」のホームページを見ると、POPの特設ページが。
特設ページを作るくらいにPOPに力を入れていることが分かります。

あと画像にはありませんが、ダンボールなどを使った巨大POPを駆使したフェアコーナーは、迫力があって目立っていて、とてもいい感じです。

④品ぞろえのチョイスがユニーク

③のPOP訴求につながるところで、商品選定もユニークです。

ちょっと変わりどころの商品が随所にあります。

それをPOPで面白く訴求してくるので、思わず衝動買いしてしまいそうになることがよくあります。

そのへんの手法もまるでヴィレヴァンですよね。

具体的には、あまり見かけないような変わったお菓子だったり、どっかの観光地の土産の食べ物だったり、調味料だったり。

くらこんの塩昆布が「B&D」で推されていて、それがきっかけで初めて買ってハマった経緯があります。

⑤レジヘルプがはやい!

レジが並んだ時の対応がとても早くて、とても好感が持てます。

店によって違いはあるかもしれませんが、私の行きつけの「B&D」はほぼ並びません。

例えば郵便局は、郵便の窓口が長蛇の列でも2つめのレジを全然開けない事がよくあり、とてもイライラします。

行きつけの「B&D」は、スタッフがいれば2番目に並んでいるだけでも、「お待ちの方どうぞ」とレジを開けてくれます。素晴らしい接客をしてくれます。

スポンサーリンク

⑥ポイントカードの還元率が高い

よくある個人情報を登録する必要があって発行してもらうのが面倒なカードではなく、簡単に発行してもらえるスタンプカードという点がポイント。

B&Dの商品の価格自体が安いうえに、ポイントカードの還元率も高いのでさらにお得です。

商品購入時にカードを忘れても、レシートに押してもらって後で合算してもらえるのもありがたいです。

⑦浮野養鶏(一宮市)の自動販売機で新鮮な卵が買える

全店舗ではありませんが、店頭に浮野養鶏の自動販売機が設置されている店舗が多くあります。

とりたての卵を補充しに来てくれるので、新鮮な卵が食べられると人気で、私の行きつけの「B&D」では、卵の補充を自販機で待っている人もいるくらいです。

補充後あっという間に売り切れになります。
自販機の設置場所はほとんど「B&D」が独占しています。

まとめ

いかがでしたか?
「B&D」は安くて売場が楽しくて接客もいいので、気持ちよく買い物ができます。

近くに「B&D」がなくても、愛知県(特に北側)を走っているとちょくちょく「B&D」に出くわしますので、見つけた際には是非一度立ち寄ってみてください。

「B&D」をべた褒めする記事になってしまいましたが、私は決してB&Dの回し者ではありませんよー。「B&D」さん何か下さい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク