江南市民花火大会の駐車場、バス・シャトルバスでのアクセス方法

どうも、名古屋市在住の豊作です。

毎年江南市民花火大会が開催される「すいとぴあ江南」

駅から離れていて、車じゃないとかなりアクセスが悪い場所です。

これまでずっと無料だった臨時駐車場も

2019年より有料化(1台1000円)しました。

江南市民花火大会開催時の「すいとぴあ江南」への

アクセス方法についてまとめています。

混雑する花火大会でどうやって行くのがよいかまとめてみました。

スポンサーリンク

2019年の江南市民花火大会

【日程】2019年10月26日(土) ※小雨決行・予備日10月27日(日)
【時間】19:00~20:00
【場所】すいとぴあ江南および周辺河川敷

開催について

花火大会当日の開催に関する問い合わせ専用電話(10:00~20:00)

0180-99-3226(自動音声)

江南市民花火大会Facebookアカウント

https://www.facebook.com/konanhanabi/

花火大会時のすいとぴあ江南へのアクセス方法

車で行く場合

花火大会の会場である「すいとぴあ江南」に向かいましょう。

臨時駐車場があります。

駐車場へは警備員の案内に従ってください。

2018年までは駐車料金無料でしたが、

2019年より有料化して1台につき料金1000円がかかります。

近年全国的に資金不足による花火大会の中止が相次いでいる

という問題があるので、花火大会を継続するという意味でも

駐車場の有料化は仕方ないように思います。

有料化されたからといって駐車場利用者が減ることはおそらくありません。

なぜなら「すいとぴあ江南」は車以外でのアクセスが非常に悪いからです。

ですので、確実に臨時駐車場を利用したい方は、

駐車場が満車になる前に駐車する必要があります。

そのためにも、はやめに現地に到着するようにしてください。

到着が早ければ早いほど確実に駐車できます。

17時からは周辺道路の規制も始まります。

時期的に天気が良ければ日中心地よく過ごせる気候ですので、

早めに来てゆっくり自然を楽しんだりするのも良いです。

16時からは屋台も始まります。

スポンサーリンク

名鉄電車で行く場合

最寄り駅は名鉄犬山線の「江南駅」

ここから「すいとぴあ江南」までは4キロほどあります。

徒歩・レンタサイクル・名鉄バスの3つの選択肢があります。

江南駅から徒歩で

4キロだと徒歩でおよそ1時間。

全然歩けない距離ではありません。

気候的にも過ごしやすい時期ですので、

ウォーキングを楽しむにはぴったりではないでしょうか?

行きだけ歩いて会場まで向かうのも全然ありです!

江南駅からレンタサイクルで

江南駅から歩いて4分のところにレンタサイクルがあります。

レンタサイクル「PECOりん」という無人の貸し出しサービスです。

愛知県江南市古知野町大塔22

PECOりん江南駅前

【住所】愛知県江南市古知野町大塔22

【料金】1時間100円・24時間300円

【自転車】シティサイクル2台 / ミニベロタイプ3台

5台しかないので、こういうイベント時にはすぐに貸し出されてしまう可能性があります。

もしまだ残っていれば、レンタサイクルで花火大会会場まで行っても楽しいですね。

江南駅から名鉄バスで

江南駅を出るとすぐ、バスターミナルがあります。

③番乗り場「すいとぴあ江南」行きの名鉄バスに乗りましょう。

【運賃】片道290円(小児150円)

通常は1時間に1本程度ですが、花火大会当日は増便しています。

シャトルバスに乗っていく場合

江南市の西側をシャトルバスが定期的に巡回して走ります。

この辺りにお住まいの方なら、このシャトルバスの恩恵にあずかれます。

基本的には江南市民向けのサービスといえます。

【料金】1回200円(小学生以上)

【運行頻度】15分間隔

【時間】
・行き 16:00~18:30
・帰り 花火終了後、すいとぴあ江南から随時

シャトルバスの運行は時間帯が決まっていますので注意が必要です。

シャトルバスについてはよろしければこちらの記事もどうぞ

江南市民花火大会の穴場とシャトルバス利用時の注意

まとめ

臨時駐車場は有料にはなりましたが、

会場である「すいとぴあ江南」の車以外でのアクセスの悪さを考えると

いちばん楽なのは車で行くことでしょう。

小さなお子さん連れの家族などは特に。

この時期の開催は珍しく、市外からもたくさんのお客さんがつめかける江南市民花火大会。

行った際には楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク