図書館で不用になった本がもらえるリサイクル会とは?いつ開催される?

どうも、名古屋市在住の豊作です。

図書館で「リサイクル会」というイベントがあるのをご存知でしょうか?

図書館で不用になった本を、無料で配布するイベントです。

リサイクル会とは

毎年、図書館には新刊など新しい本が入ってきます。

しかし図書館のスペースは限られています。

そのため新しく蔵書が増えれば、その分減らす必要があります。

その対象になり蔵書から除籍になった本を、

ただ廃棄するのではもったいないからと、

一般に無料で配布するようにしたのがリサイクル会です。

また、市民から寄贈された不用本が、一緒に無料配布される場合もあります。

リサイクル会の開催頻度は

図書館によって様々ですが、年に1回行われるところが多いです。

また、図書館内に常設棚があって、その都度不用になった本が並び、

自由に持ち帰る事ができる図書館もあります。

東海地方の図書館のリサイクル会

リサイクル会は東海地方の図書館でももちろん行われています。

東海地方(名古屋市以外)で実施されているリサイクル会について、

分かる範囲でまとめてみました。

【注意】

あくまで調べた当時の日程です。

変更されている場合がありますので詳細は

直接各図書館にお問い合わせいただくことをおすすめします。

春日井市図書館

【日程】毎年11月

【場所】文化フォーラム春日井1階交流アトリウム

【内容】
・午前中は30分ごとに時間を区切り入場者を制限

・該当時間帯の整理券を持っている方のみ入場可。初回は8時30分配布

・各回30分前から文化フォーラム春日井西側(市民文化会館側)の入口で配布

・午前中は、各回の入場者は80人、提供時間は20分間(10分の入替時間あり)

・1人10冊まで。

・正午以降は入場や冊数の制限なし。

一宮市立図書館

中央図書館

雑誌リサイクル会
(一宮市立中央図書館の保存期限を過ぎた大人向けの雑誌を無料で配布)

【日程】毎年6月の土日

【時間】9:00~18:00

【場所】中央図書館6階 多目的室1

【内容】
・1人10冊まで

・持ち帰り用の袋は各自で用意

・雑誌の裏表紙に切り取りあり

尾西図書館

図書リサイクル会

【日程】毎年10月の土日

【時間】9:00~16:00

【場所】尾西図書館 2階

【内容】
・1人10冊まで

・売却するなど営利目的での利用は禁止

尾張旭市図書館

【日程】下記の各1日実施

・春の生涯学習フェスティバル期間中

・秋の読書週間中

清須市立図書館

【日程】毎年7月

【時間】9:30~

【場所】1階ギャラリー・交流テラス

【内容】当日9:15から正面玄関で整理券を配布

東郷町図書館

【日程】毎年11月 文化産業まつり開催時に実施

【場所】町民会館

瀬戸私立図書館

【日程】毎年11月

【時間】9:30~15:00

【場所】瀬戸蔵4階 多目的ホール

江南市立図書館

【日程】毎年7月

【場所】江南市立図書館

東員町図書館(三重県)

【日程】毎年7月

【場所】図書館横プレイルーム

桑名市立中央図書館(三重県)

【日程】毎年3月

【時間】11:00~16:00

【場所】くわなメディアライヴ1階多目的ホール

【内容】1人10冊まで

安八町図書館(岐阜県)

【日程】毎年7月

【時間】9:00~17:00

【場所】ハートピア安八1階 ギャラリー

【内容】1人10冊まで

棚を常設している図書館

刈谷市中央図書館

豊川市中央図書館

まとめ

名称は違えど、リサイクル会を実施している図書館は多いです。

ここでは紹介しきれていないリサイクル会を実施している図書館が、

他にもまだまだたくさんあります。

あなたのお住まいの町の図書館で開催されているか、

サイトをのぞいてみてはいかがでしょうか?

実施していれば、きっと告知がされているはずです。

廃刊になった貴重な掘り出し物の本が見つけられることもあるリサイクル会。

是非一度足を運んでも面白いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク