天下の奇祭「国府宮のはだか祭」に裸男として参加するには

どうも、名古屋市在住の豊作です。

2月の厳寒期に大勢の男たちがふんどし一丁で揉み合う「国府宮のはだか祭」祭り。

男なら一度は参加してみたい!と思う祭りです。

ただ、参加してみたいと思ってもこういった地域のお祭りは、

その地域に住んでいないと、いまいち参加方法などが分からなかったりします。。

自分のような部外者でも参加できるのか?

もしくは地域住民しか参加できないのか?

地域住民でなくても参加できるとしたら、どうやって申し込めばいいのか?

どうやったら裸男としてはだか祭に参加できるのか調べてみました。

国府宮のはだか祭とは

愛知県稲沢市の国府宮神社に伝わる神事で、1200年以上もの歴史を持ちます。

神男(しんおとこ)と呼ばれる一人の男に裸男たちが厄払いを託す祭りで、

旧正月の13日に当たる日に行われます。

毎年たくさんの負傷者が出る(時に死者が出るほど)ガチで危険なお祭りです。

けんか祭りとも言われています。

危険だということを踏まえ、自己責任での参加になります。

国府宮はだか祭の参加条件は?

調べてみると、国府宮の公式ホームページに次のような記載がありました。

Q.はだか祭に、はだか男として参加するにはどうすれば良いですか?

A.はだか祭に、はだか男として参加する方々は、夫々「宿」(やど)と呼ばれる所(どなたかの自宅や集会場等)で準備をします。そして、地区ごとに集合し、なおい笹をもって当社に参拝します。
参加希望の方は、稲沢近辺にどなたかお知り合いが居るのであれば、一度お知り合いの方に相談して下さい。
但、全く知り合いがいないという方は、下記へお問い合わせ下さい。
・和陽館
http://www.wayoukan.co.jp/Konomiya_Naked_Festival/index.html

リンク先を確認してみました。

地域住民でなくても参加は可能です!

ただし、参加にはお金(11000円)がかかります。

危険を伴う上に、参加するのに1万円かかるなんて、なかなかの敷居の高さです。

もし稲沢にお知り合いがいるなら、お知り合い経由で参加するほうがよっぽど安く参加できるでしょう。

まあ、ただスケジュールを見ると、至れり尽くせりでしっかり準備をしてもらえる感じなので、これくらいの参加費がかかるのも仕方ないのかもしれません。

申し込む際に注意したいこと

国府宮のはだか祭は、毎年旧正月の13日に当たる日に行われます。

よって平日に開催される可能性が高いのです。

2021年は2月24日(水)なので平日の開催です。

*2021年はコロナ感染防止のため裸男揉み合いは中止。
神男厄払い行列に変更になります。

参加を希望する平日仕事のサラリーマンの方は、

事前に有給休暇などを使って休みを取る必要があります。

参加したい年の開催日が平日なら、休みの申請を早めにしておきましょう。

平日に休みが取れない仕事の方は、開催が土日に当たる年を待つしかないですね。

ちなみに稲沢の学校や会社は、この祭りのために休みになるところが多いそうです。

まとめ

いかがでしたか?

国府宮のはだか祭には、誰でも参加することができることが分かりました。

参加料と当日の休みが確保できればの話ですが。

でも、男なら1度はチャレンジしてみる価値はあると思います。

・怖いもの見たさ
・好奇心
・男としての度胸試し

参加してみたい理由は色々あると思いますが、

特に厄払いを託す祭りですので、厄年の方は是非参加してみてはいかがでしょうか?

ただし、くれぐれもケガのないよう、自分の身は自分で守ってください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク