キンブルに数年通って分かったキンブルのかしこい歩き方・お買物

どうも、名古屋市在住の豊作です。

キンブルに通いだしてはや数年。

最初のころはその異質な世界観と商品の安さに圧倒されてワクワクが止まらなかった私ですが、数年も通うとそんなワクワクはどこへやら。

新しく入荷したお買い得商品はないかと目を光らせながら、

店内をくまなく歩きまわるほどには脱初心者キンブラーになった気がします。

店内にはキンブラー歴10年以上のツワモノ達がゴロゴロしています。

毎日のように来店しては長い時間滞在し品定めをしている者も多数いるように思います。

そんな人達に比べると、キンブル歴数年の私など足元にも及びませんが、

私なりにキンブルの歩き方をお伝えできたらと思います。

特にキンブル初心者の方のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

キンブルの醍醐味は一期一会

キンブルはリサイクルショップなので、基本的に同じものはほとんどありません。

メーカーの過剰在庫など大量に積まれている商品もありますが、

それがなくなれば次回同じものは入ってきません。

そういう意味で、

相当大量にある商品や売れ行きの鈍い商品を除き、

キンブルに行った時に並んでいる商品はその日にしか買えない。

そう思ってお買い物をするべきなのです。

この思考は買いすぎを助長してしまうので諸刃の剣なのですが(笑)

でもこれは真実なので、キンブルでのお買い物は戦いなのです。

開店~夕方までは混雑。ゆっくり買い物したければ夜

キンブルは平日でもとても混みあいます。

土日の日中は駐車場に車が止められなくなるほどの混雑します。

そんなキンブルですが、夜の時間帯は比較的空いていることが多いので、混雑を避けてゆっくりと買い物したいと思っている方は、夜の時間帯をおすすめします。

金曜日土曜日といった休日前の夜はそれなりに混みますが、それでも日中ほどの混雑具合はありません。

店内が混みあっていると通路を通るのも一苦労、

見たい商品をゆっくり見ることもままならない状態になるので、

ゆっくり回遊したければ夜が穴場です。

ただし商品はその日の間でもっとも少なくなっています。

狙っているものがある、最大限お買い得な商品をゲットしたい

という目的がある方は頑張って朝から行ってください。

当然ですが朝一に行くのもよいです。

特に土日の日中に行くなら、絶対開店から行った方がよいと思います。

土日は開店前から開店を待ってたくさんの人が並びますが、

それでもしばらくは快適にお買い物ができるでしょう。

スポンサーリンク

迷ったら迷わずキープする

買おうとどうか迷ってちょっと考えていたら他の人に買われてしまった。

キンブルあるあるです。

経験がある人も多いのではないでしょうか。

お客さんも多く、本当にすぐに売れていきます。

迷っている間に気が付くとなくなってしまいます。

私も同じような経験があります。

カートに乗せないと運べないものを買おうと思い、

入口にカートを取りに行って戻ったらなくなっていました。

その間、1分もなかったと思います。

迷ったらキープしましょう。

カゴに入れてから悩めばいいです。

ただ買うのをやめる場合にはちゃんと元にあった場所に戻しましょう。

時々全く関係ないところに戻す人がいますので。

カゴやカートに乗らないものは他の人に買われてしまわないように

商品を触りながら持ちながら、どうするかその場で決めましょう。

一度その場を離れて戻ってきた時に、まだある保証は全くありません。

未使用品よりも中古の買い取り商品の方が安い

キンブルには在庫処分などの理由でキンブルに持ち込まれた未使用と

個人で使っていたもので買取した中古の商品の2種類があります。

店内にはこの2種類が混在しています。

プライスカードに「未使用品」「中古品 現状渡し」という表記がありますので、ここを見て判断してください。

未使用の商品よりも個人からの中古買取品のほうが圧倒的に価格的にお得です。

以前に誰かが使っていたものでも抵抗がない方は、当然ですが中古品がお得です。

未使用品もたくさん在庫していますので、

「前に誰が使っていたかわからないものは嫌だわ」

という方でも十分キンブルを楽しむことはできるでしょう。

当日運べなくても後日取りに行ける

大きいものを購入したいけど、今日来るのに使った車には乗らない

ということがある場合があります。

そんな時はお会計を済ませて後日取りに行くことも可能です。

スタッフの方に言えばOKです。

また有料で配送のサービスもあります。

料金等は売場に看板があります。

ただ、

「この商品は持ち帰り専用で配送不可です」

と書いてある巨大なものが置いてあることがあります。

最近何百キロじゃ済まなさそうなバカでかいトレーニングジムの機器が置いてありましたが、あんなもの自分で持ち帰るなんてどう考えても無理だと思うんですよね・・・。

そして

あんなものどうやって店内に運び入れたんだろう・・・・

というようなものも時々あります。

賞味期限切れ間近は処分価格は見逃さない

賞味期限切れ間近の食品はただ同然の価格がつけられていることが多いです。

賞味期限切れ間近の投げ売り商品は見逃すべからずです。

とはいえ、そういう商品はめったにありません。

私の経験上、5回行って1回あるかないか程度です。

ただそれが必ずしもほしいものというわけではありません。

なので、あればラッキーぐらいに思っておくくらいの気持ちでいればいいでしょう。

賞味期限はあくまで美味しく食べられる期限であって、

少々超えたくらいでは全く食べるのに支障はありません。

普段使いできそうで日持ちしそうなものは大量買いのチャンスです。

スポンサーリンク

文房具はキンブルで買えばよくない?

最近では文房具もダイソーやセリアなどの100円ショップで安く購入できるようになりました。

しかしキンブルではさらに安価に文房具が購入できます。

ボールペンやシャーペンなど10円から購入できます。

例えば100円ショップでも10本100円という激安のボールペンはあります。

でもそういう商品はすぐにインクが出なくなるなど非常に粗悪なものが多いです。

それに比べキンブルで10円で売ってる商品は、もともと100円で販売しているようなものだったりするので、そこまで粗悪なものではありません。

特にデザインなどを気にしないのであれば、文房具の類はキンブルで買えばいいのではないかと思っています。

そんなに安くないものもある

基本的に一般的なお店で購入するよりも安いものが多いキンブルですが、

なかにはそれほど安くないものもあります。

安い!安い!と買い込んだけど

ほかの店でそれより安い価格で普通に販売されていて

あれ?これそんなに安くなかった?

というものも時々あります。

おもちゃや食品などに多いと思います。

まとめ

キンブルについてざっと思いついたことを書きつけました。

また思い出したことなどあれば随時書き足していこうと思います。

観光で遠くから車で名古屋に来られた方、

キンブルは非常に楽しい場所です。

観光コースのひとつとして組み込むとより名古屋観光が充実すると思います。

ちょっとした観光地よりよっぽど楽しめる要素があります。

キンブル自体が観光名所といってもいいでしょう。

様々な国の方に出会える国際色豊かな空間でもあります。

ちなみに

一宮店は名神自動車道の一宮インター降りてすぐの場所にあります。

名神利用の方にとってはアクセス抜群です。

楽しい場所ですので、是非行ってみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク