【ゆうパック】重量ゆうパックの新設と数量割引の廃止【サービス変更】

どうも、名古屋市在住の豊作です。

2018年3月1日より、ゆうパックの運賃・サービスの変更が開始になりました。

ここでは東海地方発のゆうパックの運賃などの変更点についてお伝えします。

まず料金は料金一覧表で確認していただけます。

それよりはサービスの変更をしっかり把握しておいた方がよいです。

すべて実質値上げにつながる変更です。

ここでは、サービスの変更について下記の2つを取り上げます。

・「重量ゆうパック」の新設

・数量割引の廃止

スポンサーリンク

東海発のゆうパックの運賃

県内 北海道 東北 関東・信越
北陸・東海
近畿
中国
四国
九州 沖縄
60サイズ 800 1400 950 850 950 1080 1330
80サイズ 1010 1620 1180 1080 1180 1290 1600
100サイズ 1260 1860 1410 1310 1410 1530 1870
120サイズ 1500 2100 1660 1560 1660 1770 2130
140サイズ 1750 2350 1910 1800 1910 2020 2400
160サイズ 1970 2560 2120 2020 2120 2230 2610
170サイズ 2300 2930 2480 2370 2480 2590 3000

(単位:円)

一番小さい60サイズの県内でも800円します(;´Д`A “`タカイナァ

ちなみに縦軸の「サイズ」というのは荷物の3辺の合計です。

下記の画像で言えば、

A+B+Cの合計が60センチ以内なら60サイズです。

すべて20㎝の立方体のサイズでも、同一県内で800円もするということです。

「重量ゆうパック」の新設

これまで、ゆうパックの重さの上限は30㎏でした。

この上限が25㎏までに変更になります。

それに伴い、25㎏~30㎏までの重さのゆうパックが「重量ゆうパック」になります。

「重量ゆうパック」の運賃は、ゆうパックの基本運賃に+500円追加でかかります。

これまでのゆうパックの、重いものが値上げになったと思ってもらえばOKです。

またこの「重量ゆうパック」、郵便局のみの取扱いとなります。

コンビニなどのゆうパック取扱所では扱えませんので注意が必要です。

詳細は以下の画像でご確認ください。

数量割引の廃止

これまで10個以上の荷物を同時に発送した場合、数量割引が適応されていましたが、

これが廃止になります。同時に何個荷物を出しても料金は変わりません。

数量割引の廃止によって、一度にまとめて発送することによるコストの軽減ができなくなりました。

まとめ

佐川とヤマトの値上げに続き、ゆうパックの値上げもついにはじまりました。

システム変更の部分も要するに値上げです。

なかなか厳しい値上げです。

今回の変更ではゴルフ・スキー空港ゆうパック運賃も変更になっています。

下記の画像でご確認ください。

使用している画像は、郵便局で配布している「ゆうパック運賃・サービス変更のお知らせ」を写真に撮ったものです。

変更からしばらくは郵便局で配布していると思いますので、必要なら郵便局からもらってきてください。A4サイズのペラ1枚です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク