モクモクのレストラン好きは必見!中津川ちこり村のバイキングが最高に美味い

どうも、名古屋市在住の豊作です。

三重県伊賀市に、さまざまな農業体験ができる人気の施設

「伊賀の里モクモク手作りファーム」があります。

ここが経営する食べ放題のレストラン「モクモク農場レストラン」も大変人気です。

東海から関西にかけて9店舗あります。

愛知県では、名駅(名古屋JRセントラルタワーズ内)、栄(ラシック内)の2カ所にありますね。

食べ放題のメニューの種類が豊富で、非常の満足感の高いビュッフェとして、

いつも行列ができていることが多い人気店です。

野菜中心のヘルシーで美味しい料理が食べ放題なので、私はとてもお気に入りです。

食べ放題に行くと、ついつい食べ過ぎておなかを壊すパターンが多いのですが、ここではおなか一杯食べても、野菜中心のメニューだからなのかお腹を壊したことがありません。

今回は、「モクモク農場レストラン」が好きな方に絶対おすすめしたい、

モクモクのバイキングが好きなら、是非行ってみてもらいたいバイキングをご紹介します。

それは、岐阜県中津川市にある「ちこり村」の中にあります。

「ちこり村」は、「サラダコスモ」というもやしやスプラウトでおなじみの企業が運営している施設です。

この「ちこり村」に入っている、バイキング形式のレストラン

「バーバーズダイニング」

が、今回超オススメしたいレストランです。

スポンサーリンク

バーバーズダイニングとは

バーバーズダイニングは、地元農家の婦人会の方々が、自分たちで育てた野菜を中心に作った料理が楽しめる、農家の手づくり家庭料理レストランです。

最近、地方の道の駅や農産物産直所などで、こういった農家レストランが増えていますが、バーバーズダイニングはその中でもかなりレベルの高い料理を提供するレストランだと断言したいです。

というのも、このお母さんたちが作る田舎の家庭料理がとにかくおいしいんです。

昔懐かしい味のする田舎の料理というよりは、野菜の素材のおいしさを活かしたシンプルで飽きのこない、どれだけでも食べられそうなやさしい味付けの料理が味わえます。

もちろん、ちこり村だけに、ちこりをふんだんに使った贅沢なちこり料理も豊富にあります。

バーバーズダイニングのランチ営業

バーバーズダイニングのランチは、モクモク農場レストランと同じく、時間制限つきの食べ放題ビュッフェスタイルです。

毎日日替わりで、ドリンクもあわせて70種類程度の料理やドリンクが並んでいます。

毎日70種類程度の料理が並ぶ

特に決まったレシピがなくその日の材料で料理を決めるそうで、

これまでに提供した料理はなんと5000種類以上!

毎日同じメニューが並ぶビュッフェも多いなか、バーバーズダイニングは行くたびに違う料理が味わえます。

もちろん定番のメニューもありますが、行くたびに違う料理が楽しめるなら、いつ行っても楽しめます。

お皿は、9区画に分かれたワンプレート。

実際にこの1区画に2種類ずつ、おかずを入れていったところ、3皿では足りませんでした。

つまり18×3=54種類は確実にあったことが分かりました。

まだ入れられない料理も多かったので、70種類は確実に並んでいたと思います。

「ごはんもの」も充実

パスタ、カレー、チャーハン、焼きそばなど、ごはんものも充実していました。

ごはんものを食べると種類が食べられなくなるので、私は食べませんでしたが、同行した人によると、味もよかったそうです。

もやし・スプラウトのメニューも充実

サラダコスモの商品である「もやし・スプラウト」を利用した料理も、当然ながらたくさん並んでいました。

ここで、スプラウト料理を食べると、スプラウトって調理次第でこんなに楽しめるものなのかぁ~!という驚きや発見がきっとあると思います。

サラダコスモのいろんな種類のスプラウトを味わう、さまざまな調理法を楽しむ。

これだけでも、ここのビュッフェを利用する価値は十分にあると感じます。

野菜の料理がとにかく美味しい!

料理は、旬の野菜を使ったものばかりでした。

種類にして20種類以上の旬の野菜が使われていたと思います。

「旬の野菜を使った料理ばかり」というだけでも、バーバーズダイニングの料理が美味しいことが、ある程度証明されたといっても過言ではありません。

それほど野菜の「旬」は、おいしさには欠かせないものだと私は思っています。

バーバーズダイニングの料理からは、野菜の「旬」を大切にしているところがすごく伝わってきます。

特に決まったレシピはなく、その時の旬の野菜で料理を決めてしまうという、お母さん達の料理の腕がいかんなく発揮されています。

「はやと瓜」など普段食べる機会の少ない野菜の料理もあり、いろいろな野菜を堪能できるのもうれしいです。

新しい野菜の食べ方の発見がある

タマネギの新芽が天ぷらとして出されていました。

私は初めて食べましたが、新芽でもタマネギの風味が強く、パリパリとした触感がとてもおいしかったです。

ここに来れば、食べたことのない野菜や食べ方との出会いがあるかもしれません。

高級野菜「ちこり」が食べ放題

ちこり村の売店で、ちこりは1本100円で販売されています。

よそで買うともっと高いかもしれません。

バーバーズダイニングでは、そんな高級野菜であるちこり料理がたくさん並んでいます。

なので、ここぞとばかりに心ゆくまでちこりが食べられます。

料理は、ちこりの天ぷら、ちこりのサラダ、ちこりの煮物など。

調理法によって全然食感が変わるので面白いです。

サラダで食べるとシャキシャキととてもみずみずしい食感です。

煮込むとトロッとした食感になります。

天ぷらはほどよい食感が残り、食べごたえもありとてもおいしいです。

抹茶塩がとても合います。個人的には天ぷらが一押しです。

食後のデザートも豊富でうれしい

デザートも季節の果物からパンケーキ、ゼリーなど10種類以上。

飲み物も100%ジュース、コーヒー紅茶ハーブティーなど種類も十分。

売店で購入できる「黒豆茶」「ちこり茶」などの変わったお茶も、ここでは飲み放題です。ちこり茶は、コクがあってとてもおいしいです。

デザートは、パンケーキやスポンジ系のものが多かったです。

もう少しデザートのバリエーションが豊富なら最高でした。

野菜中心なのでヘルシー

「ちこり芋のから揚げ」という料理が並んでいました。

大豆なのにとりのから揚げを食べているみたいな「大豆ミート」ってありますよね。

この大豆ミートのような、ちこり芋を使ったから揚げです。

野菜なのに肉料理を食べているような満足感があり、とてもおいしかったです。

野菜料理だけでも十分に満足感を味わえるメニューになっているので、特に女性にはうれしいですね。

逆に肉系の料理はほとんどありません。

私が行った時は、チキンカツだけでした。

とにかく肉が食べたい!という肉食系の人には物足りないかもしれません。

また、野菜が嫌いな子どもにもちょっと厳しいかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

私の個人的な感想としては、

バーバーズダイニングでランチをする目的だけで中津川まで来てもいい!

と思えるくらい、バーバーズダイニングの料理の質の高さに満足しました。

料理の写真がないのは、食べるのに夢中で写真を撮るのをすっかり忘れてしまったためです(うぅ、なんという失態)。

味付けは、素材の味を生かした調理法でとても優しい味。

野菜中心で油を使った料理も少なく、身体に優しい料理ばかりです。

子どもからお年寄りまで安心して食べられます。

個人的に本当におすすめです。

この料金で、ここまで満足できた食べ放題は、なかなかありません。

モクモクのレストランが好きな方なら100%満足できるはずです。

ちこり村を訪れた際には、いや中津川に立ち寄った際には、是非利用していただきたいです。

週末のランチは待ちが出るほどの人気だそうなので、予約がおすすめです。

待ち時間の目安が分かる順番待ちシステムが導入されているので、混雑していてもお店で待つことなく、売店などで時間をつぶせますよ。

朝はお得なモーニング、午後はカフェタイムもあります。

モーニングにはおにぎりに味噌汁、ちこりがサラダで付いて来るそう。

さすがは喫茶店文化の地域ですね。

バーバーズダイニング

■ランチビュッフェスタイルランチ

11:00~14:00(受付は13:30まで)

大人(中学生以上) 1,580円
小学生  900円
幼児(3歳以上)  500円

■モーニング
(8:30~10:00)     500円~

■カフェ
(15:00~17:00)     600円

営業時間 8:30~17:00
席数 130席
定休日 年末年始以外無休
住所 岐阜県中津川市 千旦林1-15
電話番号 0573-62-1545(ちこり村直通)

岐阜県中津川市 千旦林1-15

ちこり村のおせちではおせち料理の通販も行っていて、非常に美味しいと評判です。

2018年のお正月用のおせちの販売もあります。

お試しおせちの販売もしているので、お試しでそのおいしさを味わってみてほしいです。

また、ちこり村の黒にんにくも有名です。

わざわざ遠方から、お店のスタッフに手土産を持ってやってきては、大量に購入していくお客さんもいるそうです。それくらいこの黒にんにくの熱狂的ファンの方が多いそう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク